君はずっと遠いところ
簡単に声を届けられないところにいるね
それだからこそ何も通さない声を今聞きたいよ
ねえ、だからお願い
空に浮かぶ月に向かって
「大丈夫だよ」とひとこと言って微笑んでくれないか?
そうしたら同じように月を見上げる僕にも
きっとその声は届くから
この凍えきった心に暖かく響くから
                               

心と身体には いくつもの翼がある
どんなに愛しくても 嘘に向かって飛んでいく

とあるポップソングの言葉

最近実感がこもってきた

感情と行動に一貫性が持てない

素直になりきれない

考え過ぎてしまうせいだと

ずいぶん前から知っているけど

大切にしたい人だから

大切にしたい絆だから

切り捨てたく無い 割り切れない

相手の心がどこにあるのか

それを考えて 考え過ぎて

話せなくなる

動けなくなる

好きで なるべくそばに居たくて

それだけなのに

それを 言葉にすることも

行動に示すこともまだ

きちんと出来ないでいる

気後れした心

素直になれない心

持て余すのは

行き場のない感情 翼の折れた身体

嘘と虚勢と誤魔化し

そんなものに慣れ過ぎてきたから

今さら素直に

小心者で矛盾だらけでだらしのない自分を

曝け出すのにはとてつもない勇気がいる

その勇気を 強い心を

持てずに終わるか

持って向かい合っていけるか

それとも他の事態が起るか

持って向かい合わなければ

ようやく繋いだか細い絆も

一方通行の思いに終わるだけ

それを許せないと思うなら

ありのままに自分でいるようにするしか

他に方法は無い

竦みきった心を

蹴飛ばしてでも叩き起こす

望む自分でいられるように

--