彼女 by 斉藤和義

“屋上に寝そべって 月と話をしてた
もうすぐ良く見えるよ 夕暮れに囁いた
君に聞きたいことがひとつあるけど良いかい?
今も彼女が好きだ ねぇ君はどう思う? ”

告白して、今まで通りが良いっていわれて
家まで送るというのを断って歩く

まったく、しょうのない男、なんでこんなやつ、好きでいるのかなんかわかんない

でも、大事。

付き合いが長過ぎたせいで、もうなんか、切り離せなくなってる
これが本当の腐れ縁

でも聞いてみたかった

じゃなくて言いたかった。

あたしだって今まで通りで悪いわけじゃなかった
でも、例えば、やつに彼女ができて、それを聞いても
一緒にこうして会うことなんか無理だな
ちりちりと焦げる胸の奥、気付いた執着

・・・・やつは全然そんなことないようだけど。
否、考えてみたことだってないんだろう

だから、あたしに彼氏ができたって、おんなじ態度で会えるの?と
聞いてみたくもなる

でも多分知ってる、変わりながら関わっていく仲もある

ただ、この持て余した気持ちの埋め場がないんですけど。
あたしの心狭すぎて、おいておく場所なんか無いんだけど。
消化不良はカンベンだっつの。

幸い明日から忙しいから、またそれも紛れていく

君にこんな話したって迷惑だった?

空でキラキラ月が笑う。ねえ本当に欲しいものは何?

寄り添って、ふっと肩の力を抜ける場所。
ねえだって、気ままに暮らす猫だって、安住する場が無いと生きていけないってそう思わない?


昼には緊の瞳、夜には銀の瞳、きらめかせて黒い肢体の猫がゆく


BACK